毒草一覧次の花
ルピナス



秋に種を蒔いて春から初夏に花を咲かせる1年草です。やせた土地によく育つ性質なので多肥は禁物です。耐寒性は強いのですが、湿度には弱いところがあります。藤に似た花が昇り上がるように咲いていく様子から「昇り藤」とも呼ばれています。大きく咲くとゴージャスですね。


毒草名  ルピナス、ノボリフジ(昇り藤)、ルーピン、ハウチワマメ(羽団扇豆)、Lupine
学 名  Lupinus  polyphyllus LINDL.
特 性  マメ科 ルピナス属、苦い一年草または貧欲な二年草
花 期  4〜6月
毒部位  全草、種子
成 分  ルピニン(Lupinine)、スパルティン(Sparteine)
症 状  嘔吐、心臓麻痺


  

いろいろな形、色があります。

 





「テキサス州の州花“Blue Bonnet”」と、売られていました。青色のルピナス。




今年もたくさん芽を出してくれました。



「ラッセル・ルピナス(宿根)」という花穂の長いタイプ。チャンデリィアー(黄)、マイ・キッスル(赤)、ガーバナー(青)、ページス(紅)、などなど。…ごりっぱです。




古代ヨーロッパでは、この花を食べると顔色がよくなったり明るく楽しくなって想像力が高まるとされ、広く食されていました。




花のあと、マメができます。味はかなり苦いらしい。




≪MEMO≫
・ラテン語で「狼(lupus)」の意味。丈夫な性質で土地を荒らすから。花言葉は「貪欲」
・Bonnet:アメリカの西部開拓時代、女性がかぶっていた日よけの帽子のこと。


毒草一覧 次の花


TOPinformationBBS